読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2010/5/25  How Deep Is Your Love

首相と日本代表監督を同列に評するのはどうかと思う。
ただ、二人とも鉄のメンタリティ、あるいは鉄面皮を持ち合わせてはいないのは同じ。
二人とも謝っちゃう人なのだ。
ものわかりのいい、まともな“いい人”なんでしょうね。
県外移転なんて言わなきゃ、4強なんて言わなきゃ、ね。
辺野古はおそらく小泉政権以前からの規定事実だったのだ。
ハト政権に動かせる代物ではなかったのだ。
ゼネコンの莫大な利権もろもろに内閣は北マリアナへの国外移転案をあえて見なかったことにした。
抑止力に目覚めたなんて言い訳に過ぎない。
格差拡大、弱肉強食の風邪吹き荒れる昨今、日本国内で経済力の一番弱い島が犠牲になり続ける。
もしあのまま麻生政権が続いていたら…ドタバタ陳謝は無かっただろう。
ただ頼りないからといって強権独裁を待望するなかれ。


もしオシム体制が続いていたら…? こっちは面白いかなと思う。


…朝から会議。
晴れたのにジョギング見送り。
もう少し早起きすればいいのだけれど。


今朝の一曲。
ビージーズの『愛はきらめきの中に』
この時代のミュージシャンってむさ苦しいね。
昨日のキャット・スチーブンスもそうだけど。
音楽は朝のさわやかなイメージなのに…。
Bee Gees - How Deep Is Your Love (Video)

 

…インディアンカレーの禁断症状が出る。
堂島でスパ+卵(750円)で衝動を抑え込む。


甲子園へ交流戦取材にいこう(実際は純粋な娯楽としての観戦)と思いつく。
JR西ノ宮駅で自転車に乗ったところで雨が強くなる。
すごすごと自宅へ逃げ帰りテレビ観戦。


NHK『スポーツ大陸』本田圭佑を観る。
ドキュメントの中では当然のことながら何度も試合の映像が出てくる。
オランダリーグ、ロシアリーグ、チャンピオンズカップ、日本代表のAマッチ。
日本代表の試合だけ別のスポーツのようにスローモーに映るのはなぜだろう。
もっちゃり、もたもたしてボールも人も移動距離が短い。
とても狭い場所で動いているように見える。
バイアスをかけて最初から批判的に見ているつもりはない。
同じ本田がプレイしているのだ。
中村俊輔にも小野伸二にもあった同様の現象。


仮説を立てる。
ロシアリーグ、あれは肉食獣の獲物の争奪戦なのだ。
周りすべてが肉食獣なので本田圭祐にある肉食獣の本能が覚醒する。
しかし、日本代表イレブンではそれがない。
覚醒するに至らないのだ。
モスクワの選手より上手い選手は多くいるはずなのに彼らは肉食獣ではない。
W杯本番の相手は、アフリカのライオン、欧州のオオカミや熊。
本能は目覚めるか?