読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013/4/28 備忘録


  

 

…NHKドキュメント72時間「大阪 串カツエレジー」面白かった。
 


僕はこの番組の舞台「松葉」より阪神梅田駅の中央改札にあった

立ち飲みの串カツ屋によく行ってた。
(名前は失念、というか名前なんて無かったんじゃないだろうか)
開店が良くいつも揚げたてでソースの味も甘からずで贔屓にしていた。
いつも混んでて立ってる人の後ろに立って並ぶことも辞さない魅力があった。
10年前くらいに大衆店から何だか気取った感じの店に様変わりた。
いつもの常連さんが立ち寄りにくくなったあと…消えた。
今はフルーツジュースの店になってあんまり流行っていない。


25分と短いです。
今ならオンデマンドで見られます。
http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2013047616SC000/index.html
 

毎朝来て若鶏を3本食べていく人、
目が不自由で脚も弱ったおばあさんがヘルパーに頼んで食べに来る。
「若鶏とれんこん、おいしかったあ」
ベビーカーを押した主婦、帰宅途中のつかのまの外食。
この番組の巧さは飲んでいる顔や会話だけで客の人生が透けて見えたことです。
「女子会ってなんやねん、婚活ってなんやねん(怒)」のお姉さん、
中卒の兄ちゃんにおごってあげた小うるさそうな爺さん、
行き場が無く朝から日に3度もやってくる退職したお父さんに生中を一杯ずつ驕りたい。
  


ナレーションは吹石一恵。
出来ればナレ原稿を最小限で済ませたらもっと良かったなあ。
ナレーションは過剰だったけど字幕だらけの画面よりマシか。


番組の「松葉」もまもなく無くなるそうです。
梅田で残るは新梅田食堂街の「松葉総本店」と「百々」、ホワイティうめだの「ヨネヤ」
串カツの旨さでいえば返す返すも阪神の店、惜しかったなあ。
僕はこんにゃくの串カツが好きでした。

 

阪神のぶらり横丁もなくなるんだってね。
昭和的なものが次々と消えて行くって僕らの世代には寂しいよね。
若い頃はバカだったからアメリカンなものを嬉しがったりしたけど、
グローバルなんとかでアメリカの郊外も四国の郊外も

同じようなショッピングモールがあるって感じは気持ち悪い。
きっとアメリカだって50くらいのおっさんが同じように嘆いてるだろうな。
水牛楽団だったかにあったよね。
ハワイの日系のロコなスーパーが消えてしまう歌。
藤崎マーケットじゃなくて、なんだっけ?


ネットで探したらありました。
「フジムラストア」
こんな歌詞です。


  いきつけのフジムラストア
  とりこわされちゃったね
  あとにショッピングセンターたて
  次はどことりこわす
  古いものはみんなダメ
  島中をとりこわす


  町中どこもかしこもホテルとアパートだけ
  子どもはどうすりゃいいのさ
  あそび場もないんだよ
  古いものはみんなダメ
  島中をとりこわす


  こわされたフジムラストア
  かき永も買えないね
  ショッピングセンターたて
  次はどことりこわす