読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2010/4/17 勝手に東京出張第1弾

快晴、青空を見るのはなんだか久しぶりのような気がする。
でもない? 気のせいですね?
体重73.20キロ。
減らない理由は承知してます。
因果応報、理由明解。
決して理不尽だとは思いません。
そのことで僕を責めないでください。


アイスランド火山噴火、中国青海省地震、春の雪。
何が起ころうと時は刻まれていく。
去年の今頃はまだ自民党政権だったし、清志郎も生きていた。
4月の雪に気分がざわつく。
やっぱり季節は順番に並んでくれた方が心落ち着く。


本が読めない。
数年に一度はこんなことがある。
理由はiPhone導入だけでもない。
なんだか気分がとっちらかっているのだ。
ニュースデスク以外の新しい作業が始まったせいかも。
適応力というものも年齢とともに劣化していく。


4月は司馬遼太郎『歴史を紀行する』の続きを読み進めているだけ。
新年度、今月は10冊読むぞと意気込んでいたのに…。
図書館で借りた関川夏央『寝台急行「昭和」行』を期間延長。
あ、そういえば坪内祐三『酒中日記』も借りてパラパラと読んだ。
これは危険な本。 

七時少し前、「ロックフィッシュ」に入ってウイスキーソーダを2杯、

 その後4、5軒をクルーズして、「アイリンアドラー」でハーパーの
 ソーダ割りを7,8杯飲む。

 

酒中日記

酒中日記

酒豪、加えて健啖家であるようでよく食べる。
揚げ物も大好物のようで僕と同年代のはずなのに食の嗜好も枯れていない。
バリバリ書いてガンガン仕事しているし羨ましいなあ。
でも、成人病は大丈夫なのだろうか。


枯れていると言えば…。
関川夏央が『寝台急行「昭和」行』の冒頭でおじさんについて書いている。

 

「おじさん」には積極的な気持ちはもうない。
 ひたすら懐古的だから「おじさん」なのだ。

 「おじさん」と言われると気分が優れないのが「おじさん」だ。
 しかし、まあ事実だ。
 自己像は老けた青年だが、客観像はせいぜい中年晩期。有り体には初老期。
 この落差の中に「おじさん」の悲しみがある。

 

 

自己像は老けた青年!
恥ずかしいほどに当たってる。
関川氏は1949年生まれだから僕と10歳ほど違う。
還暦を越えてもなお、老けた青年、の自覚なのだろう。
僕ら夫婦は子育てを経験せずに「おじさん」「おばさん」になってしまった。
同世代の多数派が経験している通過儀礼を経ていない。
ゆえに、より強く「老けた青年」感覚が強いのでは、と心配する。

寝台急行「昭和」行

寝台急行「昭和」行


…週末は東京自腹出張。
久々の新幹線移動、いま車中にてMacBookをパタパタ打つ。
寒い寒いと言いながらも車窓には明るい緑が増えている。
君が何もしなくとも季節は確実に仕事をこなしてゆく。


新幹線と言えば、『寝台急行「昭和」行き』に新幹線について書いてある。
関川夏央が若い編集者と青梅の交通公園を訪れた時の記述。

 新幹線にはよく乗る。
 しかし、それは移動の手段だったから、愛着はない。
 愛着はないはずなのに、鉄道公園で雨にそぼ濡れた0系22形は、
 捨てられた巨大ネコみたいに孤独で、ふてぶてしくて、可憐だった。
 よく働いたからもういいだろうという顔をしていた。
 (中略)
 生まれたときから新幹線が走っていたOさんにとっては、
 新幹線の初期形こそがレトロの対象であるらしい。
 私には、同時代を生きて早めの引退をした知り合い、そういう感じである。

 

 

早めの引退をした知り合い、か。
うまいこと書くな。


てなこと書いてるうちに東京着。
今回は神保町泊なので中央線に乗り換え、お茶の水経由で水道橋下車。
御茶ノ水駅周辺の緑も鮮やかだ。


今回、学士会館が満室で「ヴィラ フォンテーヌ 九段下」泊。
部屋のベッドもデスクのスペースも広くて悪くない。
ただ、フランス語の名前がこっぱずかしい。
禁煙ルーム、5階の部屋からは隣のビルの太極拳教室の様子が見える。


ここからは写真日記。
5時過ぎから久々の皇居一周ジョグ、2年ぶりだろうか。
調べると2008年12月以来、1年半ぶりか。
ジョギング人気でジョガーが以前にも増して多くなってる気がする。
八重桜、シャクナゲ、菜の花が咲いている。

]

 

3時前に日本蕎麦のつけ麺を食べた。
ジョギングしてもなかなか腹が減らない。
目論見は北千住の居酒屋「大はし」へ行きモツ煮込み、
新橋に移動して「ロックフィッシュ」でハイボール、だった。
空腹を待っていたら8時近くになる。


都営三田線で内幸町へ。
新橋から有楽町の高架下を歩いて「ロックフィッシュ」を探し当てる。
9時前、この店は11時まで空いてるから大丈夫だろうと店の前に立つと…。
こんな貼り紙があった。


やっぱり居酒屋クルージングは早めのスタートですな。
そのためには昼飯は早めに済ませることですな。
高架下の立ち飲みに入る。
銀座界隈の人間ウォッチングでハイボールを2杯だけ飲む。


店内の大型モニターではバスケットのBJリーグ中継。
大阪vs福岡の試合、かなり盛り上がってる。
店のスタッフに可愛い子が一人いる。
働き者の優香みたいな感じ。
焼きおにぎりと味噌汁で締めてホテルへ戻る。


神保町、ホテルの近くにあるファミリーマートにこんな看板が…。
深夜卓球! 店の奥に卓球台が4つほどあって若者が遊んでいる。


iPhoneでキース・ジャレットの「Shenandoah」を聞きながら風呂につかる。