読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2009/5/20 マスク!

7時半起床。
朝刊に「予防マスク疑問視」という記事が載る。
非感染者のマスク着用について、


EU   効果不明
米国  推奨されない
WHO 不要       (5/20 読売新聞 ブリュッセル国際部調べ)


WHOのホームページでは「病気でなければ着用する必要はない」と明記している。
(WHOを盲目的に信用するつもりはないけれど)
欧米はマスクをする習慣がないのだろうと思う。
町山智浩氏も、アメリカでマスクをしていると怪しい人、犯罪者だと思われると話していた。
街ゆく人がみなマスクというのはSARSの時の香港のイメージがある。
欧米やアフリカや中東でマスクをしている映像はあまり見ない。
東アジア独特の風景なのだろうか。

どうして日本はマスクが品切れになるほど熱心にマスクをするのだろう。
大阪駅や淀屋橋のラッシュアワーは気味が悪い。
あんなに沢山の人がマスクしている映像を見るのは初めて。
予防してますよ、警戒してますよ、という意思表示なのだろうか。
するのは自由ですけどね。
半ば会社や所属団体に強制させられてる人も多いのだろう。
強制コスプレみたいなもの。
テレビでレポートする記者のマスクもどうかと思う。
聞き取りにくいし、狭い場所でもないのだから予防効果ないでしょ。
汚染地帯よりレポートしてます、の演出か?
マスクしたくないけど、いっそしてた方が楽とさえ思う。
流されちゃおうか、いっそ。
だめだな、小市民。

花粉症の時は僕も毎日マスクをしていた。
するのとしないのとでは大違い、確実に効果があるからだ。


…jog&Podcast。
久々に『馬鹿力』で笑った。
伊集院の98歳でご存命のおバアちゃん(義祖母)の話。
旅行好きなバアちゃんで、最後に行きたいとこがある、と
86歳の時にパスポートを更新した。
まんまと10年ものをゲットしてきた。
一昨年、パスポートが切れたが、命は切れる様子がない。
また更新しなきゃならねえ。
笑い話ではないが、笑ってしまう。
ここまでやれば笑っていいんじゃないか、と思う。


…久々のニュースデスク、特筆すべきことはなし。
仕事の話は面白くないし、書くべきことがないんです。
楽天  田中まークンが完封で開幕6連勝!


東京で新インフル感染者が発表されそうな気配。
まだ時事通信の端末には出てこない。
速報テロップが出る。
いつまで続くのかなあ、こんな魔女狩りみたいなの。


深夜、『よしむら』でナレーション録り終わりのA部氏とK社長と飲む。
「風の森」の熟成原酒と岩手のお酒。
晩春の夜更け、背徳の酒精。 

 

…おまけ。
おなじみ『Britain's Got Talent』が見つけた10歳の少女が凄い。
英国 マンチェスターのオーディションに出場した少女の名はホリー・スティール。
バレエはご愛敬だけど、突然歌い出した「I Could Have Danced All Night(踊り明かそう)」が圧巻。
上手いとか下手だとかでない。とにかく圧倒的にチャーミングなのです。
オードリー・ヘップバーンの少女時代?か、もしかしたらそれ以上の美形では、と思う。
記事に、melt your heart とあるが、まさにマニアでなくともメルトしてしまう。
彼女を見ていたら、本家『マイ・フェア・レディ』版も見たくなってYou-Tube検索。
やっぱりオードリーもいいなあ。(歌は吹き替えだけど)
しばし、インフルエンザ騒動やバラマキ補正予算と腹の立つことを忘れる。

番組HPの動画
http://talent.itv.com/videos/video/item_200123.htm

You-Tubeの動画
http://www.youtube.com/watch?v=bOeWz2k4tTI


本家「マイ・フェア・レディ」の1シーン
http://www.youtube.com/watch?v=7Ezy50aY6Bg&feature=related