読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2009/5/18 インフルエンザ禍

6時15分起床。
体重74.50キロ。
二日間ジョギングをサボってしまった。
髪を洗っていないので頭がかゆい。
シャワーを浴びて髪を洗う。


新型インフルエンザが兵庫、大阪を中心に感染者が増えている。
世間の反応は過剰だと僕には思えてならない。
旗を振っているのはテレビと新聞。
厚労省は学校閉鎖やイベント自粛を半ば強制する。
メディアと官僚が国民をパニックにしている。


ところで、なぜ高校生ら若年層に感染者が多いのだろう。
本来は体力があって抵抗力があるはずなのに。
食べ物に原因があるのだろうか?


刈谷の実家の母から電話がある。
インフルエンザは大丈夫?
神戸は大変らしいね、マスクが売り切れてるらしいけど送ろうか、とのこと。
花粉症のマスクがまだあるから大丈夫だよ。
テレビのニュースを見てないので知らないのだけど、
日曜日だというのに神戸市内は閑散としている、と報道しているらしい。
神戸祭りを中止にされて、しかも雨なんだから閑散としてるだろう。
いったいどんな報道してるんだ?
神戸が静かで人出も少ないのなら元町あたりに行ってみようか。


…4月に決めた減量のための4つのルール。
しばらく有名無実のままだったが、今日から適用し直す。
そして、仕事の環境の再構築も始めよう。
積極的にアクションを起こそう。
それが何をもたらすかはわからないけど。


…トイレでマッチを擦る。
消臭効果があると聞いた。
ラジオで“きたろう”が言ってた。
自宅のトイレに徳用マッチが常備されていて、用を済ませるとマッチを擦るのだそうだ。
そうしろ、と家族に言われているのだそうな。
メタンガスを燃やすのではない。
だからライターではダメらしい。


…WEBページで神戸コスモスが北九州に4-1で決勝を制したと知る。
13連覇達成、岡原選手がランニングホームランを打ったらしい。


…ヒロがディーバーの『スリーピング・ドール』を読了。
『ウォッチメイカー』より面白かったという。
人気シリーズからスピンオフした尋問の天才キャサリン・ダンスの物語。
読め、と渡される。


昼過ぎにプールに行ったヒロだったがすぐに帰ってくる。
イトマンがインフルエンザ感染予防で1週間プール閉鎖すんのやて、とのこと。
行く前に教えて欲しいわと怒る。


…GIANTのロードレーサーに乗ってpoco poco cafeに行く。
本日月曜は定休日との張り紙があった。
コープ神戸で缶コーヒーを買って芦屋浜へ行く。
水辺に座り、1時間ほどブリキの笛(tin whitsle)の練習。
タンニングやCナチュラルの出し方、2オクターブ目の出し方を覚える。

帰宅してヒロに『サリーガーデン』を吹いて聞かせる。
なんか雑音にしか聞こえへんわ、と言われる。
俺のアイリッシュミュージックが雑音?
ウォルトン社 made in Irelandの出す音が雑音?
これは風切り音いうんや…民族音楽の味わいやんか。
ま、音程ミスもかなりあったけど。
練習しよ。


…夜、テレビのニュースは当然インフルエンザがトップ。
神戸や大阪の住民にインタビューする。
感染がこわい、マスクが売り切れ、子供が心配、ライフラインに不安…。
そう言ってくれる人ばかり編集しているんだよな、これは。
ベツにいつもといっしょですよ、とか、騒ぎすぎと違いますか、

という人はカットなのだろう。


ニュース映像はマスクした人ばかりが編集されている。
同業だからわかるけど。でも、これは明らかに作為的だ。
今日、自転車で走って西宮で見かけた人マスクしてたのは

5人に一人いるかいないかだった。


「クローズアップ現代」もインフルエンザ。
学級閉鎖になって自宅に子供がいるので働きにいけない母親、
病院が大混雑で深刻な病気の人が困っている例などを指摘する。
どんな時にも多数の犠牲になる少数がいる。


去年の今頃、僕は咳が止まらず困っていたことを思い出す。
マイコプラズマ肺炎だろうか、百日咳だろうか、と心配した。
病院に行ったら、ただのインフルエンザです、と言われた。
今年ではなくて良かった。


深夜、WEBニュースを見ると『季節性と変わらない』と舛添厚生労働相が発表とある。


 政府の専門家諮問委員会から新型インフルエンザは季節性と大きく変わらない
 との報告を受けたとして、週内にも対策を切り替える方針を示した。
 致死率の高い鳥インフルエンザを前提とした政府の行動計画は実態に合わないとし、
 「軽めの症状に合わせた形の対応に変えたい」と述べた。 (時事通信)


また、県内のニュースでは、発熱外来がパニックだから、むやみに病院に行くな、とある。