読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2012/5/17 “シャンソニエ・クアトロ”

浜田真理子のライブに一人で行ってきました。
しみじみと、切々と、歌がしみました。

 


    第一部
    1. あなたへ
    2. 聞かせてよ愛の歌を
    3. シャンソンメドレー 暗い日曜日〜人の気も知らないで
      〜別離 ♪これでもう終わりなの あなたとの愛の暮らし 明日からは ワイングラスもこの灰皿も 何もかも
      〜恋心 ♪恋は不思議ね 消えたはずの 灰の中から なぜに燃える...
    4. モンマルトルの丘
    5. グッバイ・ラブ
    6. 愛の讃歌 ♪あなたの燃える手で わたしを抱きしめて


    第二部
    7. ミシン ♪カタカタカタカタ
    8. メドレー  雨の慕情 ♪こころが忘れたあの人も 胸の重さをおぼえてる 長い月日のひざまくら 煙草ぷかりとふかしてた〜シェルブールの雨傘
    9. 古傷 
    10. 君に捧げるラブソング
    11. ラブソング
    12. 遠い場所から
    13. 夜明けのうた ♪よあけのうたよ わたしの心の きのうのかなしみ 流しておくれ


    アンコール
    14. ろくでなし ♪古いこの酒場で たくさん飲んだから 古い思い出は ぼやけてきたらしい
    15. 胸の小箱

 

浜田真理子さんはまだ50前ですがお孫さんがいます。
Twitterで「今日は孫と遊ぶ」なんてつぶやいたりしてます。
『ミシン』という和製シャンソンのいう感じの物語性のある哀歌を歌ったあとでぽつり。
「ミシンはうちのだんじりや!」
浜田さんが『カーネーション』を見てるのを知ってたのでクスリと笑わせてもらいました。


以下、つぶやき風に感想を綴ります。


・梅田クアトロは新しい。どこなんだ?と思ったら映画館のピカデリー跡地だった。
 浜田真理子がステージで「ここは前に映画館だったところらしく、物語がつまってる場所なんだなあ、って思いました」と話すのだった。


・青年期の男には背伸びしてる部分と優等生でありたいとする部分が同居している。
 背伸びしてジャズやロックを聴いた。それはそれで心を打たれた。
 浜田真理子の歌を聞くと決して悪い意味ではなく自分の中のコンサーバティブな部分に響く。
 
・今回のツアーはシャンソンがテーマだそうだ。
 『ミシン』とか『骨董屋』とかそもそも彼女のオリジナルがシャンソンっぽいのにね。

・シャンソンメドレーで歌った『別離』がいい。長谷川きよしも3月の京都のライブで歌った古い歌だ。


・『愛の讃歌』は岩谷時子訳だった。歌詞の解釈がいいのか、感情を抑えた歌い方がいいのか、岩谷訳がハマっていた。


・ラストの『夜明けのうた』には落涙。
 去年、震災後の4月のアンコールでこの歌をうたった。
 ピアノの弾き語りにするとなおいい。
 はじめて聞いた時の日記はこちら。
 http://d.hatena.ne.jp/shioshiohida/20110423/1303541175


 僕は勝手に被災地に捧げる歌だと思って聞いた。
 で、勝手に僕の知人である宮城の農夫 佐々木さんの映像に乗せてみた。
 去年の田植えの記録映像だ。
 http://www.youtube.com/watch?v=4swh9gLsMHc


・シャンソニエということで島根大の先生にフランス語を習ったとのこと。
 で、1曲歌うも少しトチる。
 休憩をはさんでステージに出てきたときにポツリ。
 「スタッフに2.3発殴られました」


・浜田さんをTwitter をフォローしている。
 これまでもいろいろと拙日記に引用、紹介させていただいている。
 

      以前の日記に、年に一度は生で聞きたい女性ヴォーカルが3人いる、と書いた。
      手嶌葵、中村まり、浜田真理子。
      たまたま浜田真理子が中村まりのCDを聞いているとつぶやいていた。
      浜田真理子が中村まりを聞いていた!
      だから何だ? ですけど。
      ファンとしては嬉しいものです。
      6月の終わりに京都磔磔でロンサム・ストリングスと中村まりのライブがある。
      これは必聴。                              (2011/5)

 

      松江在住のシンガー&ソングライター浜田真理子さんがつぶやいていたが、
      星影のワルツって本当に心にしみる歌だ。
      「遠くで祈ろうしあわせを 今夜も星が降るようだ」は凄すぎて泣ける。
      作詞は白鳥園枝さんという無名の詩人。
      こんな歌詞を一生に一度でも書けたらと思う。               (2011/12)

 

      松江在住のシンガー浜田真理子さんがつぶやいていた。

          「カーネーション」の周防さんて悲しそうな顔をした人だなあと思ったら、
          あれ、こんな悲しそうな顔をした人を前にも見たぞと頭の上に電球がついたけど、
          それが誰だったかずっと思い出せなかった。
          「セカンドバージン」の鈴木京香さんの息子役の人。調べたら同じ人だった(笑) (2012/1)

 

     浜田真理子さんのTwitterより。
   
         「マイネームイズハーン」を観ました。ああ、泣いた泣いた。いい映画でした。
         インド映画をもっと観たくなりました。
 

     このツイートでDVDを借りて見た。
     この映画は僕の2012ベストワンでした。                 (2011/11)

 

 

…自宅マンションのドアを開けたら!
    


今夜はちょっと芸をいれてみました by てん