読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2012/5/14 ばばちゃん、かぺ!

今日は一心寺の浪曲寄席に行く予定だった。
朝、ヒロの体調が思わしくない。
起きるなりソファで寝込む。
回復したからといって昨日外出したのが良くなかったか。
再起動が可能になるまで強制的に休ませる。
今月の浪曲寄席はなかなかのラインナップだがあきらめよう。


ばあばあの着替えを持って住友病院へ行く。
便利なことに大阪駅からリーガロイヤルへの送迎バスが出ている。
住友病院はロイヤルホテルの隣なのだ。
バスの座席ポケットにホテルのPR誌があって浪曲師の春野恵子のインタビュー記事が載っていた。
春野恵子も今月の寄席の出演メンバーだ。
幸いってんも、真山一郎師匠も、満月師匠も出ているのだ。
月末に文楽劇場で『浪曲錬声会』がある。
これにはぜひ行きたい。
  

 

てんともるが揃ってお見舞いです。
ばばちゃんに可愛がってもらってるときに看護婦さんが入ってきました。
見つかってしまった。
「なんて名前?」
「モ、モルです!」
このとき、てんは袋の中に入ったままだったが見つかってしまった。
「あれ、もう一匹いますねえ?」
「は、はい」
「わあ、かわいい。お名前は?」
「てん!」
看護婦さんはショートカットのスリムな美人でした。
またお見舞いに来ようかな。

  


ヒロの体調は優れないがばあばあは回復傾向。
本も読めるようになった。
今読んでいるのは安住洋子の時代小説『日無坂』、文庫だけど字が大きいのがいい。
なかなか面白いので他の作品も読みたいとのこと。
今日もひとりでシャワーを浴びた。
ばばちゃん、かぺ!