読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2010/4/21 ニセアカシア 初夏への誘い

質実剛健のジョギングシューズ“MIZUNO”を履いてドアを開けると…

光る六甲連山があった。
つい先日まで桜色が散見されていた山肌が若葉に輝き、山全体が浮かび上がっている。
しょか、はつなつ、英語でearly summer 初夏が今日始まったのだ、とつぶやく。
5キロコースのゴール地点は海沿いのビーチウォーク。
菊池貝類館の敷地にあるニセアカシアが若葉をつけている。
まだ淋しい枝だけど、あと2週間もすれば甘い香りのクリーム色の花が満開になる。


今年の春は天候不順、初夏が待ちきれずニセアカシアの写真を載せます。
一昨年、2008年5月4日の写真です。


Jog&Podcast。
久米宏がニュージーランドのことを話す。
英国のフィッシュ&チップスのフィッシュは鱈Codである。
でも、ニュージーランドのそれは鯛Sea Breamなのだそう。
どっちが旨いかはわかならないけど、ニュージーランドの海産資源の豊かさを語る。


…巷で話題になっている歌「トイレの神様」のPVをYou-Tubeで見た。
“泣ける歌”として大ヒットしているらしい。
先日、『よしむら』でこの歌の話が出た時。
吉村さんは、ボクは泣けませんでしたねえ、と言ってた。
今日、10分近い曲を全編聴いてみた。

泣きはしなかったけど、泣きそうになってしまいました。
実は…僕はおばあちゃん子だった。
小学生の高学年の頃、家庭にトラブルがあって両親とは別に暮らした時期があった。
兄弟で僕だけ祖父と祖母の住む実家で数年を過ごした。
この歌の主人公と同じ時代があったのだ。


おばあちゃんは10年以上前に亡くなった。
ヒロシが嫁さんをもらうまで死ねんと言っていた。
85歳を越えてから永く病院暮らしだった。
僕は一度も見舞いに行かず仕舞い。
死んだのは長野五輪の開催中だった。
期間中、僕は中継の仕事で白馬に寝泊まりしていた。
おばあちゃんの死を知らされたのは閉会式のあとだった。
僕が結婚したのは半年後、その年の6月…。
映画「歩いても歩いても」のキャッチコピーじゃないが、
人生はいつもちょっとだけ間に合わない、だ。


そんな個人的背景もあって、すこし泣きそうになったのでした。


 

…今日はニュースデスク。
関西で巨人主催試合を含め3試合あって忙しいだろうな、と思って行くと、
シフト変更でオリックス・日本ハム戦の担当となっていた。
それから女子プロ野球リーグの打ち合わせ。
その後再び変更があって今日は任を解かれ無罪放免、釈放となる。
A部&N村氏夫妻とセブンシーズで立ち飲み。
フィッシュ&チップスでギネスを飲んで帰宅する。
あのフィッシュは鱈ではなかったぞ。
なんだろ?


…長期間、ダラダラと読んでいた司馬遼太郎『歴史を紀行する』を読了。
3月上旬に買い、読み始め、ほぼ2ヶ月かかっている。
土佐から始まり大阪で終わる諸国事情行脚の旅、面白かった。
僕は日本史に疎いので初めて知ることが多く楽しめた。
信長が攻めた石山本願寺というのは今の大阪城にあったのも初めて知る。
セルジオにメールすると、日本史はとってなかったのか? と驚かれた。
石山本願寺は滋賀県の石山寺のことだと思ってました。

歴史を紀行する (文春文庫)

歴史を紀行する (文春文庫)